気候変動」タグアーカイブ

寄稿> サステイナブルな世界の実現に向けての科学者の視点

このエントリーをはてなブックマークに追加

「リスク対策.com」Web サイトで連載記事を掲載していただきました。

【海外のレジリエンス調査研究ナナメ読み!】

第89回:サステイナブルな世界の実現に向けての科学者の視点
Future Earth / Our Future on Earth

「Future Earth」という国際学術プログラムから発表された報告書で、サステイナブルな世界の実現に関して、気候変動から政治、経済、食糧問題、ソーシャルメディアに至る幅広い課題に言及されています。

下記 URL をクリックしてお読みいただければ幸いです。
https://www.risktaisaku.com/articles/-/24048

 

合同会社 Office SRC 代表 田代邦幸

このエントリーをはてなブックマークに追加

これからの社会を変えていくための「ロジスティクスコンセプト 2030」

このエントリーをはてなブックマークに追加

今日は公益社団法人ロジスティクスシステム協会様(略称:JILS)の新春講演会と賀詞交歓会に出席してきました。これは私自身が JILS 様の「国際物流管理士資格認定講座」で数年前から「リスクマネジメント概論」の講義を担当させていただいているご縁で、ご招待いただいたものです。

講演会では JILS 様の「ロジスティクス総合調査委員会」が調査・議論の末にとりまとめられた、「ロジスティクスコンセプト 2030」が発表され、講演会の後にその冊子が配布されました。

この内容は後日 JILS 様の Web サイトに掲載されるそうですので、公開されたら多くの皆様にご覧いただけると良いのではないかと思いますが、物流業界やサプライチェーンの現状だけではなく、経済動向や気候変動問題への対応、SDGs 達成に向けての貢献など様々な観点を踏まえた提言となっています。

提言は、俯瞰的・メタ的思考での「ロジスティクス」の再定義、現在のオープンエンド型から循環型・クローズドエンド型へのサプライチェーンの再構築、猛烈な標準化の推進などの 7 項目にまとめられています。いずれも長期的な視野で書かれていながら、実は今すぐにでも取り掛かるべき切迫した課題であるように思います。

特に面白いと思ったのが「パケット・ルーティング・ロジスティクス」というコンセプトでした。詳細説明は控えますが、冊子の裏表紙にも図が示されており、インターネット上をデータのパケットが転送されていく仕組みに似たような形で物理的なパケットが送られていくシステムが、将来的なロジスティクスの「あるべき姿」の一つとして提案されていました。

今回お披露目された様々な提言や「あるべき姿」を具現化していくためには、既存の考え方、習慣、事業構造からの脱却が必要になるのは言うまでもありません。また(講演会や冊子の中では触れられていなかったので私の個人的な見解ではありますが)提言されているような「猛烈な標準化」やサプライチェーンの再構築の過程で、人材の流動化、破壊的イノベーションの導入、これらに対応できない企業の淘汰(場合によっては勝者総取りや寡占化)が進む可能性が高いと思われます。

しかしながら、冊子に示されている各種データを見れば国際社会の進む方向は明らかですし、もし仮に日本のロジスティクスがこれらの提言を実行しなくても、国際的なロジスティクスは恐らくこのような方向に向かっていくと思われるので、すくなくともそれに乗り遅れず、かつ飲み込まれないように先取りで行動していく必要があると思いました。

講演会の後は賀詞交歓会が経団連ホールで盛大に行われました。300〜400 人くらいおられたのではないかと思います。これだけ多くの企業や組織が集まる業界ですので、今後の取り組みに期待したいと思います。

 

合同会社 Office SRC 代表 田代邦幸

このエントリーをはてなブックマークに追加

寄稿> 気候変動による海面上昇に直面する沿岸自治体を支援するために州が行うべき政策とは

このエントリーをはてなブックマークに追加

リスク対策.com Web サイトに連載記事を掲載していただきました。

【海外のレジリエンス調査研究ナナメ読み!】
第 85 回: 気候変動による海面上昇に直面する沿岸自治体を支援するために州が行うべき政策とは
Legislative Analyst’s Office / Preparing for Rising Seas

米国カリフォルニア州議会に対して財政および政策に関する助言を行う政府機関である「Legislative Analyst’s Office」が作成した報告書で、同州内の地方自治体関係者や研究者など 100 人以上に対するインタビューや、関連する多くの報告書や論文などのレビューを踏まえて、海面上昇に直面する沿岸自治体を支援するために州として何をすべきかが、提言としてまとめられています。

沿岸部に多くの地方自治体を抱える日本にとっても、学ぶことが多いのではないかと思われます。

下記 URL をクリックしてお読みいただければ幸いです。
https://www.risktaisaku.com/articles/-/22732

 

合同会社 Office SRC 代表 田代邦幸

このエントリーをはてなブックマークに追加