参考書籍リスト

このエントリーをはてなブックマークに追加

(各カテゴリ内で著者名順。分類については当方の主観であり、必ずしもひとつの分類に収まりきらないものや、タイトルと分類が一致しないものなどがあります。)

【事業継続マネジメント(サプライチェーン・マネジメントを含む)】

  • 株式会社インターリスク総研・MS&AD 基礎研究所株式会社・真野俊樹(編著)(2013)『病院の事業継続計画 Business Continuity Plan』ピラールプレス。《Amazon リンク
  • 家森信善・浜口伸明・野田健太郎(編著)(2020)『大規模災害リスクと地域企業の事業継続計画 中小企業の強靭化と地域金融機関による支援』中央経済社。《Amazon リンク》《紹介記事リンク
  • ギリス, トレイシー K.(2007)林春男(監修)『事業継続マネジメント BCM 訓練デザインマニュアル』NTT 出版。 《Amazon リンク
  • キルドゥ,ベティー A(2011)(樋口恵一訳)『事業継続のためのサプライチェーン・マネジメント実践マニュアル』プレジデント社。 《Amazon リンク
  • 黄野吉博(編著)・太田究三郎・坂下琢治・徳田光雄(著)(2008)『事業継続マネジメントシステムの構築と実務』共立出版。  《Amazon リンク
  • 小林誠・渡辺研司(2008)『やさしいシリーズ 21 BCM(事業継続マネジメント)入門』日本規格協会。  《Amazon リンク》《紹介記事リンク
  • 小林誠(監修)(2006)『事業継続マネジメント(BCM)構築の実際』日本規格協会。  《Amazon リンク
  • 坂口孝則・牧野直哉(編)購買ネットワーク会(著)(2011)『大震災のとき!企業の調達・購買部門はこう動いた – これからのほんとうのリスクヘッジ』日刊工業新聞社。 《Amazon リンク
  • 佐々木勝(2014)『病院の BCP 災害時の医療継続のために』新興医学出版社。 《Amazon リンク
  • 東京海上日動リスクコンサルティング(株)編(2018)『実践 事業継続マネジメント(第 4 版)』同文舘出版。 《Amazon リンク
  • 中島一郎(編著),岡部紳一・渡辺研司・櫻井三穂子(2013)『ISO 22301:2012 事業継続マネジメントシステム 要求事項の解説』日本規格協会。 《Amazon リンク
  • 中島一郎(編集委員長)・事業継続推進研究会(2011)『事業継続マネジメントの実践ガイド – 事業継続に関する規格を使いこなすために』日本規格協会。 《Amazon リンク
  • 日本政策投資銀行 環境・CSR部(2013)『責任ある金融 – 評価認証型融資を活用した社会的課題の解決(KINZAIバリュー叢書)』金融財政事情研究会。 《Amazon リンク
  • 野田健太郎(2013)『事業継続計画による企業分析』中央経済社。 《Amazon リンク
  • マッキー, キャスリーン・ガスリッジ, リズ(2011)(山中朝晶・南沢篤花訳)『「想定外」に備える企業災害対策マニュアル』翔泳社。 《Amazon リンク
  • 渡辺研司・BCM/ERM 融合研究会(2013)『BCMS(事業継続マネジメントシステム)強靭でしなやかな組織をつくる』日刊工業新聞社。《Amazon リンク
  • Kopp, E., (2011) Business Continuity Plan (BCP) Template with Instructions and Example, EK Publishing. 《Amazon リンク
  • SEMI ジャパン(編)(2004)『半導体産業向け事業継続ガイドライン – 危機に備えるマネージメントの手順 -』SEMIジャパン。 《Amazon リンク
  • Sheffi, Y., (2007)(渡辺研司・黄野吉博監訳)『企業のレジリエンシーと事業継続マネジメント サプライチェーン途絶!その時企業はどうしたか』日刊工業新聞社。 《Amazon リンク
  • Sheffi, Y., (2005) The Resilient Enterprise – Overcoming Vulnerability for Competitive Advantage, The MIT Press. 《Amazon リンク
  • Sheffi, Y., (2015) The Power of Resilience – How the Best Companies Manage the Unexpected, The MIT Press.
  • Sterling, S., Duddridge, B., Elliott, A., Conway, M., Payne, A., (2012) Business Continuity for Dummies, John Wiley & Sons, Ltd. 《Amazon リンク

【自然災害・災害対策】

  • アクションプラン推進会議・被災者支援プログラム集作成ワーキング(2018)『被災者支援プログラム集』東京ボランティア・市民活動センター。 《Amazon リンク
  • あんどうりす(2017)『りすの四季だより 家族の笑顔を守る暮らしの知恵』新建新聞社。 《Amazon リンク
  • 伊藤滋・奥野正寛・大西隆・花崎正晴(編)(2011)『東日本大震災 復興への提言 持続可能な経済社会の構築』東京大学出版会。 《Amazon リンク
  • 伊藤滋・尾島俊雄(2011)『東日本大震災からの日本再生』中央公論新社。
  • インパクト(著)溝上恵(監修)(1993)『大地震が東京を襲う! シミュレーション その時あなたはどこにいるか!?』中経出版。 《Amazon リンク
  • 牛山素行(2012)『豪雨の災害情報学 増補版』古今書院。 《Amazon リンク
  • 牛山素行(2012)『防災に役立つ 地域の調べ方講座』古今書院。 《Amazon リンク》《紹介記事リンク
  • NHK スペシャル取材班(2016)『震度 7 何が生死を分けたのか』KK ベストセラーズ。 《Amazon リンク
  • 遠藤勝裕(1995)『阪神大震災 日銀神戸支店長の行動日記』日本信用調査。 《Amazon リンク》《紹介記事リンク
  • 岡本正・山崎栄一・板倉陽一郎(2013)『自治体の個人情報保護と共有の実務 – 地域における災害対策・避難支援 -』ぎょうせい。 《Amazon リンク
  • 片田敏孝(2012)『人が死なない防災』集英社新書。 《Amazon リンク
  • 金森博雄(2013)『巨大地震の科学と防災』朝日新聞出版。 《Amazon リンク
  • 河北新報(2011)『河北新報のいちばん長い日 震災下の地元紙』文藝春秋。 《Amazon リンク
  • 河北新報(2011)『河北新報特別縮刷版 3.11 東日本大震災1ヵ月の記録』竹書房。 《Amazon リンク
  • 吉川肇子・矢守克也・杉浦淳吉(2009)『クロスロード・ネクスト 続:ゲームで学ぶリスク・コミュニケーション』ナカニシヤ出版。 《Amazon リンク
  • 国崎信江(2008)『大地震発生 その時どうする? サバイバルブック』日本経済新聞出版社。 《Amazon リンク
  • 久保信保(2015)『我、かく闘えり 東日本大震災と日本の消防(消防庁長官としての体験を中心に)』近代消防社。 《Amazon リンク
  • 小林誠・大石裕之(2004)『企業の地震対策と危機管理』シュプリンガー・フェアラーク東京。 《Amazon リンク
  • 小林誠・服部誠(2007)『この一冊ですべてがわかる 企業の地震対策 Q&A100』日刊工業新聞社。 《Amazon リンク
  • 柴田高博(監修)(2010)『不動産管理会社・賃貸住宅オーナーのための防災・復興ハンドブック 〜被災する前、被災したら…、何をすればいいのか?〜』不動産流通研究所。 《Amazon リンク
  • 鈴木康弘(編)(2015)『防災・減災につなげる ハザードマップの活かし方』岩波書店。 《Amazon リンク
  • 瀧本浩一(2011)『改訂版 地域防災とまちづくり – みんなをその気にさせる災害図上訓練 -』イマジン出版。 《Amazon リンク
  • 田村圭子(2015)『ワークショップでつくる防災戦略 – 「参画」と「我がこと意識」で「合意形成」-』日経 BP コンサルティング。 《Amazon リンク
  • 東京都災害ボランティアセンターアクションプラン推進会議・災害ボランティアセンター広報担当研修プログラム作成委員会(2015)『災害ボランティアセンターにおける広報ガイドライン』 東京ボランティア・市民活動センター。 《Amazon リンク
  • 東京都災害ボランティアセンターアクションプラン推進会議・災害ボランティアセンター設置運営事例集作成委員会(編)(2015)『25 の事例・視点から学ぶ 災害ボランティアセンター設置・運営のヒント』東京ボランティア・市民活動センター。
  • 東京都総務局総合防災部防災管理課(2018)『東京くらし防災』東京都総務局総合防災部防災管理課。 《Amazon リンク
  • 長崎昇(監修)(2011)『復興宣言 日本再生への道しるべ』時評社。 《Amazon リンク
  • 永田宏和・公益財団法人ボーイスカウト日本連盟(監修)(2019)『“今”からできる! 日常防災』池田書店。 《Amazon リンク》《紹介記事リンク
  • 中野明安(2007)『企業のための防災と復旧のはなし』商事法務。 《Amazon リンク
  • 永松伸吾(2011)『キャッシュ・フォー・ワーク 震災復興の新しいしくみ』岩波ブックレット817, 岩波書店。 《Amazon リンク
  • 西城戸誠・宮内泰介・黒田暁(編著)(2016)『震災と地域再生 石巻市北上町に生きる人びと』法政大学出版局。 《Amazon リンク
  • 林春男(2003)『いのちを守る地震防災学』岩波書店。 《Amazon リンク
  • 林春男(2020)『コミュニティがつなぐ安全・安心』放送大学教育振興会。 《Amazon リンク
  • 本田茂樹(編著)(2018)『中小企業の防災マニュアル』労働調査会。 《Amazon リンク
  • 松尾一郎・CeMI タイムライン研究会(編著)(2016)『タイムライン 〜 日本の防災対策が変わる』廣済堂出版。 《Amazon リンク
  • 室田哲男(2018)『自治体の災害初動対応 〜近年の災害対応の教訓を活かす〜』近代消防社。 《Amazon リンク》《紹介記事リンク
  • 山下文男(2005)『津波の恐怖 – 三陸津波伝承録 -』東北大学出版会。 《Amazon リンク
  • 山下文男(2008)『津波てんでんこ 近代日本の津波史』新日本出版社。 《Amazon リンク
  • 矢守克也・吉川肇子・網代剛(2005)『防災ゲームで学ぶリスク・コミュニケーション クロスロードへの招待』ナカニシヤ出版。 《Amazon リンク
  • 流通科学大学震災研究会(編)(2005)『阪神大震災 流通戦士の 48 時間 – 街の明かりを消したらあかん -』メタモル出版。 《Amazon リンク
  • 渡辺満久(2015)『土地の「未来」は地形でわかる』日経 BP 社。 《Amazon リンク》《紹介記事リンク
  • 渡辺実(2003)『巨大地震にどう備えるか』地方行財政調査会 講演シリーズ 第 83 号。
  • MS&AD インターリスク総研(株)(編著)(2020)『中小企業の防災マニュアルと BCP〔新版〕』労働調査会。 《Amazon リンク

【緊急事態対応】

  • 磯部晃一(2019)『トモダチ作戦の最前線 福島原発事故に見る日米同盟連携の教訓』彩流社。 《Amazon リンク
  • 危機対応標準化研究会(編著)(編集委員長 林春男)(2014)『世界に通じる危機対応 ISO 22320:2011(JIS Q 22320:2013)社会セキュリティ – 緊急事態管理 – 危機対応に関する要求事項 解説』日本規格協会。 《Amazon リンク
  • 小滝晃(2013)『東日本大震災緊急災害対策本部の 90 日』ぎょうせい。 《Amazon リンク》《紹介記事リンク
  • 永田高志・石井正三・長谷川学・寺谷俊康・水野浩利・深見真希・ボズナー. レオ(翻訳)(2014)『緊急時総合調整システム Incident Command System (ICS) 基本ガイドブック』日本医師会。 《Amazon リンク

【感染症】

  • 岩田健太郎(2014)『「感染症パニック」を防げ!~リスク・コミュニケーション入門~』光文社新書。 《Amazon リンク》《紹介記事リンク
  • 岡田晴恵(編著)(2009)『新型インフルエンザの企業対策 事業継続と社会的責任』日本経済新聞出版社。 《Amazon リンク
  • 新型インフルエンザ BCP 策定研究会(2009)『決定版!新型インフルエンザ「事業継続計画」入門』都政新報社。 《Amazon リンク
  • 鈴木宏(総監修), 本田茂樹(監修), 長崎昇(企画・構成)(2008)『防ごう!守ろう!新型インフルエンザ 改訂版 社員と家族の命を守るために事業継続のためにできること』時評社。 《Amazon リンク
  • 和田耕治(2020)『企業のための新型コロナウイルス対策マニュアル』東洋経済新報社

【法律】

  • いしかわまりこ・藤井康子・村井のり子(2016)『リーガル・リサーチ 第 5 版』日本評論社。 《Amazon リンク
  • 岡本正(2017)『災害復興法学』慶應義塾大学出版会。 《Amazon リンク
  • 岡本正(2018)『災害復興法学Ⅱ』慶應義塾大学出版会。 《Amazon リンク
  • 岡本正(2020)『被災したあなたを助けるお金とくらしの話』弘文堂。 《Amazon リンク》《紹介記事リンク
  • 中野明安(2010)『もうひとつの新型インフルエンザ対策』第一法規。《Amazon リンク》《紹介記事リンク
  • 日本弁護士連合会災害復興支援委員会(2019)『改訂版 弁護士のための水害・土砂災害対策 QA – 大規模災害から通常起こり得る災害まで -』第一法規。 《Amazon リンク
  • 丸の内総合法律事務所(編)(2011)『災害時の労務管理ハンドブック』経営書院。 《Amazon リンク

【危機管理】

  • 尾関謙一郎(2007)『メディアと広報 プロが教えるホンネのマスコミ対応術』宣伝会議。 《Amazon リンク
  • 亀岡太郎(監修)内外コミュニケーション研究会(編著)(2001)『IBM の危機管理』早稲田出版。 《Amazon リンク
  • 吉川肇子・釘原直樹・岡本真一郎・中川和之(2009)『危機管理マニュアル どう伝え合う クライシスコミュニケーション』イマジン出版。 《Amazon リンク
  • 後藤正彦(2001)『緊急事態を乗り切る 企業のリスク・コミュニケーション』日本能率協会マネジメントセンター。 《Amazon リンク
  • 佐々淳行(1979)『危機管理のノウハウ PART 1 – 信頼されるリーダーの条件 -』PHP 研究所。 《Amazon リンク
  • シュワルツ, ミミ・ワトキンス, シュロン(2003)(酒井泰介)『エンロン 内部告発者』ダイヤモンド社。 《Amazon リンク
  • 須田慎一郎(2003)『巨大銀行沈没 みずほ失敗の真相』新潮社。 《Amazon リンク
  • DIAMOND ハーバード・ビジネス・レビュー編集部(2005)『「リスク感度」の高いリーダーが成功を重ねる』ダイヤモンド社。 《Amazon リンク
  • テドロー, リチャード S. (2011)(土方奈美訳)『なぜリーダーは「失敗」を認められないのか 現実に向き合うための 8 の教訓』日本経済新聞出版社。 《Amazon リンク
  • 中澤幸介(2013)『被災しても成長できる 危機管理「攻めの」5 アプローチ』新建新聞社。 《Amazon リンク
  • 中島茂(2007)『その「記者会見」間違ってます! 「危機管理広報」の実際』日本経済新聞出版社。 《Amazon リンク
  • 鍋嶋詢三・下島和彦(2005)『ISO 10002:2004 / JIS Q 10002:2005 苦情対応のための指針 規格の解説』日本規格協会。 《Amazon リンク
  • 日経コンピュータ編集(2002)『システム障害はなぜ起きたか – みずほの教訓』日経 BP 社。 《Amazon リンク
  • 林春男・牧紀男・田村圭子・井ノ口宗成(2008)『組織の危機管理入門 リスクにどう立ち向かえばいいのか〈京大人気講義シリーズ〉』丸善出版。 《Amazon リンク
  • 林祐(2017)『事業大躍進に挑む経営者のための「クライシスマネジメント」』セルバ出版。 《Amazon リンク
  • 林祐(2019)『リーダーのための本当の危機管理 経営トップのための「図上演習」活用術』日本コンサルティング推進機構。 《Amazon リンク
  • フサロ, ピーター・ミラー, ロス M.(2002)(橋本碩也訳)『エンロン崩壊の真実』税務経理協会。 《Amazon リンク
  • みずほ総合研究所(2002)『エンロン ワールドコム ショック』東洋経済新報社。 《Amazon リンク
  • 吉野次郎(2014)『なぜ 2 人のトップは自死を選んだのか JR 北海道、腐食の系譜』日経 BP 社。 《Amazon リンク
  • リプリー, アマンダ(2009)(岡真知子訳)『生き残る判断 生き残れない行動 大災害・テロの生存者たちの証言で判明』光文社。 《Amazon リンク
  • Kirkham, D., Muthaly, K. (2015) Flying Through Crisis MH370: lesson in crisis communications, Krishnamoorthy Muthaly.

【リスクマネジメント】

  • ISO/IEC 20000 活用ガイドと実践事例編集委員会(編集委員長 大畑毅)(2008)『ISO/IEC 20000 活用ガイドと実践事例』日本規格協会。 《Amazon リンク
  • 稲葉陽二・藤川信夫・岡西賢治(編)『企業コンプライアンス』尚学社。 《Amazon リンク
  • 亀井利明(監修)上田和勇・亀井克之(編著)(2004)『基本 リスクマネジメント用語辞典』同文舘出版。 《Amazon リンク
  • 草刈克二(2004)『会社が潰れるとき』日経 BP 社。 《Amazon リンク
  • 小林誠(2011)『ISO31000規格対応 初心者のためのリスクマネジメント Q&A100』日刊工業新聞社。 《Amazon リンク
  • 柴健次・太田三郎・本間基照(編著)(2013)『大震災後に考えるリスク管理とディスクロージャー』同文舘出版。 《Amazon リンク
  • (株)損保ジャパン・リスクマネジメント(2010)『リスクマネジメント実務ハンドブック』日本能率協会マネジメントセンター。 《Amazon リンク
  • 棚瀬桜子(2006)『保険に頼らないリスクマネジメント』日刊工業新聞社。 《Amazon リンク
  • トレッドウェイ委員会組織委員会(1996)(鳥羽至英・八田進二・高田敏文共訳)『内部統制の統合的枠組み ツール篇』白桃書房。 《Amazon リンク
  • トレッドウェイ委員会組織委員会(1996)(鳥羽至英・八田進二・高田敏文共訳)『内部統制の統合的枠組み 理論篇』白桃書房。 《Amazon リンク
  • 中尾康二・中野初美・平野芳行・吉田健一郎(2007)『ISO/IEC 17799:2005 (JIS Q 27002:2006) 詳解 情報セキュリティマネジメントの実践のための規範』日本規格協会。 《Amazon リンク
  • 中谷内一也(2012)『リスクの社会心理学 – 人間の理解と信頼の構築に向けて』有斐閣。 《Amazon リンク
  • バンクス, エリック(2007)(小野雅博監訳)『企業リスク・マネジメント入門 – ART の戦略的活用法』シグマベイスキャピタル。 《Amazon リンク
  • ブレインワークス(2009)『ビジネスパーソンが身に付けておきたい リスク察知力』カナリア書房。 《Amazon リンク
  • 松下芳生・有友圭一・乗田浩隆(2005)『金融機関のオペレーショナルリスク・マネジメント』ファーストプレス。 《Amazon リンク
  • 三菱総合研究所(編著)(2010)『リスクマネジメントの実践ガイド – ISO 31000 の組織経営への取り込み』日本規格協会。 《Amazon リンク
  • リスクマネジメント規格活用検討会(編著)野口和彦(編集委員長)(2010)『ISO 31000:2009 リスクマネジメント 解説と適用ガイド』日本規格協会。 《Amazon リンク
  • リスクマネジメント規格活用検討会(編著)野口和彦(編集委員長)(2019)『ISO 31000:2018 リスクマネジメント 解説と適用ガイド』日本規格協会。 《Amazon リンク

【サステイナビリティ】

  • 小宮山宏(編)(2007)『サステイナビリティ学への挑戦』岩波書店(岩波科学ライブラリー 137)。 《Amazon リンク
  • 宮崎正浩(2016)『持続可能性経営 〜 ESG と企業価値との関係を考える 〜』現代図書。 《Amazon リンク

【ワーク・ライフ・バランス】

  • 大室正志(2017)『産業医が見る過労自殺企業の内側』集英社新書。《Amazon リンク
  • 小室淑恵(2010)『改訂版ワークライフバランス – 考え方と導入法 -』日本能率協会マネジメントセンター。 《Amazon リンク
  • 小室淑恵(2012)『全員成果を出して定時で帰る会社の毎日楽しく働く秘訣』中央公論新社。 《Amazon リンク
  • 小室淑恵・工藤真由美(2014)『残業ゼロで好業績のチームに変わる 仕事を任せる新しいルール』かんき出版。 《Amazon リンク
  • 沢渡あまね(2020)『職場の科学 日本マイクロソフト働き方改革推進チーム×業務改善士が読み解く「成果が上がる働き方」』文藝春秋。 《Amazon リンク
  • 須藤由美子(2013)『17 時までに結果を出す! 「残業絶対ゼロ」でも売れる私の営業法』日本実業出版社。 《Amazon リンク
  • 武田佳奈(2019)『フルキャリマネジメント―子育てしながら働く部下を持つマネジャーの心得』東洋経済新報社。 《Amazon リンク》《紹介記事リンク
  • Limoncelli, Thomas A. (2006)(株式会社クイープ訳)『エンジニアのための時間管理術』オライリー・ジャパン。 《Amazon リンク

【放射線】

  • 高田純(2005)『核災害に対する放射線保護 実践放射線防護学入門』医療科学社。 《Amazon リンク
  • 高田純(2007)『お母さんのための放射線防護知識 チェルノブイリ事故 20 年間の調査でわかったこと』医療科学社。 《Amazon リンク
  • 日本科学者会議福岡支部核問題研究委員会(編)(2011)『原発事故緊急対策マニュアル – 放射能汚染から身を守るために』合同出版。 《Amazon リンク

【上のカテゴリーに入れなかったもの】

  • ISO/SR 国内委員会(監修)日本規格協会(編)(2011)『日本語版 ISO 26000:2010 社会的責任に関する手引』日本規格協会。 《Amazon リンク
  • アデア, ジョン(2005)(太田直子訳)『新上司学』ディスカヴァー・トゥエンティワン。 《Amazon リンク
  • アルドリッチ, D. P. (2015)(石田祐・藤澤由和訳)『災害復興におけるソーシャル・キャピタルの役割とは何か – 地域再建とレジリエンスの構築 -』ミネルヴァ書房。 《Amazon リンク
  • 今井勇(1983)『最新銀行員の企業診断』銀行研修社。 《Amazon リンク
  • 今村晴彦・園田紫乃・金子郁容(2010)『コミュニティのちから – “遠慮がちな”ソーシャル・キャピタルの発見』慶應義塾大学出版会。 《Amazon リンク
  • 京大・NTT リジリエンス共同研究グループ(2009)『しなやかな社会の創造 災害・危機から生命、生活、事業を守る』日経 BP 企画。 《Amazon リンク
  • 京大・NTT リジリエンス共同研究グループ(2012)『しなやかな社会への試練 東日本大震災を乗り越える』日経 BP コンサルティング。 《Amazon リンク
  • (社)建築・設備維持保全推進協会(2005)『建物のライフサイクルと維持保全 – 地球環境世紀のビル保全学入門 -』。
  • コリンズ, ジェームズ C.・ポラス, ジェリー I.(1995)(山岡洋一訳)『ビジョナリー・カンパニー 時代を超える生存の原則』日経 BP 出版センター。 《Amazon リンク
  • 柴健次、太田三郎、本間基照(2013)『大震災後に考えるリスク管理とディスクロージャー』同文舘出版。 《Amazon リンク
  • 鈴木克明(2015)『研修設計マニュアル – 人材育成のためのインストラクショナルデザイン -』北大路書房。 《Amazon リンク
  • 鈴木克明(監修)市川尚・根本淳子(編著)(2016)『インストラクショナルデザインの道具箱 101』北大路書房。 《Amazon リンク
  • ゾッリ, アンドリュー・ヒーリー, アン マリー(2013)(須川綾子)『レジリエンス 復活力 – あらゆるシステムの破綻と回復を分けるものは何か』ダイヤモンド社。 《Amazon リンク
  • 髙田将志(監修)(2019)『3D 地図でわかる日本列島地形図鑑』成美堂出版。 《Amazon リンク》《紹介記事リンク
  • 瀧澤中(2019)『ビジネスマンのための歴史失敗学講義』致知出版社。 《Amazon リンク
  • タレブ, ナシーム ニコラス(2009)(望月衡訳)『ブラック・スワン[上] – 不確実性とリスクの本質』ダイヤモンド社。 《Amazon リンク
  • タレブ, ナシーム ニコラス(2009)(望月衡訳)『ブラック・スワン[下] – 不確実性とリスクの本質』ダイヤモンド社。 《Amazon リンク
  • パゴニス, W. G. (1992)(佐々淳行監修)『山・動く 湾岸戦争に学ぶ経営戦略』同文書院インターナショナル。 《Amazon リンク
  • 長谷川直哉(編著)(2017)『価値共創時代の戦略的パートナーシップ 法政大学イノベーション・マネジメント研究センター叢書 13』文眞堂。 《Amazon リンク
  • 長谷川直哉(編著)(2018)『統合思考と ESG 投資 – 長期的な企業価値創出メカニズムを求めて – 法政大学イノベーション・マネジメント研究センター叢書 15』文眞堂。 《Amazon リンク
  • 八田進二・柴健次・青木雅明・藤沼亜起(編著)(2011)『会計専門家からのメッセージ – 大震災からの復興と発展に向けて -』同文舘出版。 《Amazon リンク
  • ピーター・D・ピーダーセン(2015)『レジリエント・カンパニー – なぜあの企業は時代を超えて勝ち残ったのか』東洋経済新報社。 《Amazon リンク
  • 藤井敏彦(2005)『ヨーロッパの CSR と日本の CSR – 何が違い、何を学ぶのか。』日科技連出版社。 《Amazon リンク
  • マッキンゼー・アンド・カンパニー[柴山和久(訳)](2012)『企業価値評価:バリュエーションの理論と実践』ダイヤモンド社。
  • マメン, デヴィット(2012)(林春男訳)『復興の創造 9/11 からのニューヨークの価値観とアプローチ』富士技術出版。 《Amazon リンク
  • 山内祐平・森玲奈・安斎勇樹(2013)『ワークショップデザイン論 – 創ることで学ぶ』慶應義塾大学出版会。 《Amazon リンク
  • リプリー, アマンダ(2009)(岡真知子訳)『生き残る判断 生き残れない行動 大災害・テロの生存者たちの証言で判明』光文社。 《Amazon リンク
  • 「レジリエンス社会」をつくる研究会(2016)『しなやかな社会の挑戦 CBRNE、サイバー攻撃、自然災害に立ち向かう』日経 BP コンサルティング。 《Amazon リンク
  • Bell, G., (2020) The Organizational Resilience Handbook – A Practical Guide to Achieving Greater Resilience, Kogan Page. 《Amazon リンク
  • Mammen, David (2011) Creating Recovery: Values and Approaches in New York after 9/11, Fuji Technology Press Ltd. 《Amazon リンク
  • Seville, E., (2017) Resilient Organizations – How to survive, thrive and create opportunities through crisis and change, Kogan Page. 《Amazon リンク
  • Välikangas, L., (2010) The Resilient Organization – How Adaptive Cultures Thrive Even When Strategy Fails, McGraw Hill. 《Amazon リンク

 

合同会社 Office SRC 代表 田代邦幸




このエントリーをはてなブックマークに追加