事例」タグアーカイブ

他者の力も借りて合理的な事業継続を実現しよう

このエントリーをはてなブックマークに追加

本稿は、拙書『困難な時代でも企業を存続させる!! 「事業継続マネジメント」実践ガイド』(セルバ出版)の一部に手を加えたものです。

倒産リスクの高い中小企業の BCM 戦略

頻発する大規模災害の例を見るごとに、もし自社があのような災害で被災したら企業の存続にかかわるのではないかと懸念されている方も少なくないでしょう。

特に、中小企業の皆様におかれましては、災害で倒産・廃業に追い込まれるリスクを切実に感じておられることかと思います。実際、過去に発生した大規模災害の影響で倒産した企業の大半は中小企業だったという現実もあります。多くの人的資源を抱えており、財務基盤もしっかりしている大企業に比べれば、一般的には中小企業のほうが倒産リスクがより高いと考えられます。

このような厳しい現実を踏まえつつ、それでも諦めずに大規模災害から生き残る可能性を見出すために、いかにうまく他者の力を借りて事業継続を実現するかという観点も、BCM における有効な戦略として考えていただきたいと思います。

他の企業が持つ資源を活用する

売上収入が途絶えて資金が回らなくなれば、最終的には倒産に追い込まれます。資金繰りに関しては、損害保険や融資などといった財務的な対策も必要ですが、BCM の観点からは、いかに事業活動を再開させて売上を生み出すかを考える必要があります。

災害によって事業中断が発生してしまうのは、事業活動に必要な「資源」が、破損や流失などによって使えなくなるからです。ここでいう「資源」には、事業活動のために必要な従業員(人的資源)、設備や装置、建物、原材料や部品、商品在庫などが含まれます。そして、BCM において考えることを大雑把にまとめると、災害などで使えなくなってしまった資源の代わりをどうやって用意するか、ということに尽きます。

これが特に中小企業だと、もともと最小限の資源しか保有しておらず、代わりの資源を用意することが難しい場合が多いので、事業活動を再開することが難しく、結果的に倒産に至ることが多いということです。

そこで、事業中断に陥った後に、いかに他者の資源を利用するかということも含めて考えていただきたいと思います。具体的には、同じような資源を持っている企業の協力を得るということです。

既にこれを実践された事例もあります。2011 年の東日本大震災では、宮城県の廃棄物リサイクル事業者が津波で被災し、同社唯一の事業所が壊滅的な被害を受けました。同社の主要な事業の 1 つは、顧客の工場から廃油を回収し、これを再生して燃料として使える「再生重油」を精製し、販売する事業ですが、精製に必要な設備の大半を津波で失いました。

そこで同社は、廃油精製処理を他県の同業者に一時的に委託することで、部分的ではありますが、被災後 1 週間で事業再開を果たしました(注 1)。もちろん、業務委託費を支払う必要がありますが、それを上回る価格で再生重油を販売できたため、これは同社にとって被災直後の貴重な収益源となりました。

同社がこのような短期間で業務委託できたのは、委託先の同業者との間で被災前から申し合わせができていたからです。契約書の締結までには至っていなかったようですが、もしどちらか一方が災害などで被災したらお互いに助け合うことを、災害が発生する前から申し合わせていたそうです。

もし、被災した後に、災害発生後の混乱した状況のなかで委託先を探して交渉していたら、このような短期間での事業再開はできなかったでしょう。

 

競合する企業の協力を得られるか?

読者の皆様の中には、災害発生前の平常時からこのような協力関係をつくっておくのは難しいとお感じになった方も多いと思います。自社の業務の一部を委託できるような相手とは、自社と同じような資源やノウハウを持っている企業であり、その多くは競合関係にあると思われるからです。

災害発生後とはいえ、競合他社に業務を委託したら、自社のノウハウを盗まれたり、自社の顧客が横取りされたりするかもしれません。そこで、このようなリスクをできるだけ小さくしながら、被災時に助け合うことができるような関係づくりを実現した例をご紹介します。

神奈川県メッキ工業組合と新潟県鍍金工業組合は、大規模災害時に両組合の企業どうしで代替生産などの相互連携を行う協定を締結しました(注 2)。この例では、被災した企業から一時的に業務を受託する場合の品質保証、品物の所有権の帰属、秘密保持、お互いの取引先への営業活動および受注の禁止などを含む契約書が用意されており、これに基づいて委託側と受託側との間で契約を締結することになっています(注 3)。

また、経済産業省の中部経済産業局が 2012 年に発表した『地域連携 BCP 策定ポイント集 工業団地編』には、工業団地など地域内の企業どうしが連携して事業継続に取り組まれている事例が多数掲載されています(注 4)。

競合他社に助けを請うことに対しては、ためらいを感じられるかも知れませんが、大規模災害から生き残るために、あらゆる可能性を模索していただきたいと思います。

 

(注)

  1. 新建新聞社「リスク対策.com」Web サイト「津波被害から 1 週間で事業再開 – 工場壊滅の被害を乗り切る」(https://www.risktaisaku.com/articles/-/99)(アクセス日:2021 年 2 月 28 日)
  2. 中野明安「緊急事態措置と企業の事業継続」『NBL』No. 1169, p.8-12, https://www.shojihomu.co.jp/documents/10452/11653592/NBL1169-008.pdf (アクセス日:2021 年 3 月 4 日)
  3. 「契約文書に込められた想い」『リスク対策.com』vol. 16, 2009/11, p.26-29
  4. https://www.chubu.meti.go.jp/b52bousai/data/BCP_point.pdf (アクセス日:2021 年 3 月 4 日)

–   –   –   –   –

本稿は、拙書『困難な時代でも企業を存続させる!! 「事業継続マネジメント」実践ガイド』(セルバ出版)の一部に手を加えたものです。是非拙書もお読みいただければ幸いです。

合同会社 Office SRC 代表 田代邦幸

このエントリーをはてなブックマークに追加

BCP LReaders 2020 年 9 月号

このエントリーをはてなブックマークに追加

新建新聞社から『月刊 BCP リーダーズ』2020 年 9 月号が発行されました。

新建新聞社 月刊 BCP リーダーズ 2020 年 9 月号

〜 信頼と応援を呼び込むリスクコミュニケーションのチカラ 〜

  • [巻頭インタビュー]コロナ対応に求められるリスクコミュニケーション
    放送大学教授 奈良由美子氏
  • [事例]逆境をプラスに変える危機対応と情報発信
    • 女性活躍に向けた環境整備が逆風下で強み発揮
      新施策を発信 働きがい高めブランド向上(ランクアップ)
    • ピンチをチャンスに変えた危機時の広報
      風評被害を乗り越える前向きなメッセージ(小林創建)
  • [TOPICS] 専門家に聞く
    • デマに直接対応する必要はない 示すべきは自己の価値観・ポリシー
      デジタルハリウッド大学教授 匠英一氏
  • [分析] 個人利用は進めど、組織としては躊躇
    • 新型コロナウイルス接触確認アプリ「COCOA」 の導入状況調査
      リスク対策.com
  • [INTERVIEW]「激甚気象」に備える
    12時間後の雨量予測ができなければ日本の防災力は向上しない
    名古屋大学宇宙地球環境研究所教授 坪木和久氏

購入は新建新聞社 Web サイトからどうぞ。 –> https://www.risktaisaku.com/category/BCP-LReaders-vol6

 

合同会社 Office SRC 代表 田代邦幸

このエントリーをはてなブックマークに追加

BCP LReaders 2020 年 8 月号

このエントリーをはてなブックマークに追加

新建新聞社から『月刊 BCP リーダーズ』2020 年 8 月号が発行されました。

新建新聞社 月刊 BCP リーダーズ 2020 年 8 月号

〜 激甚化する気象災害に備え社会を支えるレジリエント企業を目指せ 〜

  • [巻頭インタビュー]日本企業のリスクマネジメントは機能したか?
    関西大学社会安全学部教授 亀井 克之 氏
  • [事例]激甚化する気象災害に勝つ
    • 「地の利」を味方に台風 19 号水害へ迅速対応(ホクト)
    • 西日本豪雨を乗り越えた珠玉の日本酒(旭酒造)
  • [分析]緊急事態宣言後の組織の動き
    • 第 2 回 新型コロナウイルス感染症への対応状況に関する緊急調査
      リスク対策.com /首都圏を中心としたレジリエンス総合プロジェクト
  • 【講演録】コロナとの共存を見据えた BCP 〜サプライチェーンとグローバル戦略の見直し〜
    名古屋工業大学大学院 社会工学専攻教授/リスクマネジメントセンター防災安全部門長 渡辺 研司 氏

購入は新建新聞社 Web サイトからどうぞ。 –> https://www.risktaisaku.com/category/BCP-LReaders-vol5

 

合同会社 Office SRC 代表 田代邦幸

このエントリーをはてなブックマークに追加

BCP LReaders 2020 年 7 月号

このエントリーをはてなブックマークに追加

新建新聞社から『月刊 BCP リーダーズ』2020 年 7 月号が発行されました。

新建新聞社 月刊 BCP リーダーズ 2020 年 7 月号

〜 「複合災害」に備えろ 想定外に負けない組織とBCP 〜

  • [巻頭インタビュー]コロナ禍から見えてきた課題と強化すべきポイント
    鈴与危機管理室室長 後藤大輔氏
  • [事例]ウイズコロナの災害対応
    • タテ割の垣根越えた連携・ネットワークで備える
      減少する「守り手」 地域防災の危機に次の一手
      ((株)深松組/(一社)仙台建設業協会/杜の都建設協同組合)
    • コロナ禍は避難所の環境を改善する好機
      初動体制も見直し 長年の課題今こそ改革
      (熊本県益城町)
    • 【TOPICS】濃厚接触者らの受入に「保健避難所」を開設
      (熊本県熊本市)
  • [分析]第2波への備え進む
    • 新型コロナなどによる危機管理計画見直しに関するアンケート調査
      リスク対策.com
  • [インタビュー]データから読み解く自治体施策の効果
    オックスフォード大の手法を応用し、影響力を可視化して評価
    名古屋工業大学特任研究員 青山友美氏

購入は新建新聞社 Web からどうぞ。 –> https://www.risktaisaku.com/category/BCP-LReaders-vol4

 

合同会社 Office SRC 代表 田代邦幸

このエントリーをはてなブックマークに追加

書籍紹介『阪神大震災 ― 日銀神戸支店長の行動日記』遠藤勝裕(著)

このエントリーをはてなブックマークに追加

本書は既に絶版となっているようですので、入手したければ古本をあたるしかありませんが、阪神淡路大震災における貴重な記録として大変価値のある本だと思います。震災発生当時に日銀の神戸支店長だった著者が自ら記録した内容を中心にまとめられた本です。

本書は 2 部構成となっていますが、阪神淡路大震災における対応の記録となっているのは第 1 部で、日本銀行の使命である通貨価値の安定と金融システムの安定を、震災直後の困難な状況においても完遂するために尽力された際の状況が、克明に記述されています。

全体で 187 ページある本書のうち第 1 部が 120 ページを占めており、そのうち 81 ページが発災当日(1 月 17 日)から 2 月上旬までの日銀支店長としての業務の記録となっています。このページ数を見るだけでも、本書における記録の詳しさを想像していただけるかと思います。

内容も、詳細かつ生々しく記述された文章に加えて、発災当日に手書きで作成された金融特例措置の通知文や、損傷銀行券の鑑定作業や金庫室内で散乱した札束を整理する作業などの写真など、多くの資料が収められています。

当時はインターネットも一般には使われていない時代でしたので、社会インフラの状況などは現在とは異なる部分も多いと思いますが、被災直後の行動や、必要となる物資などの問題に関しては、現在にも通じる教訓となる材料が豊富に含まれています。実は私自身も本書を古本屋で入手しましたが、手に入れられて本当に良かったと思えた本です。

 

【書籍情報】

遠藤勝裕(1995)『阪神大震災 ― 日銀神戸支店長の行動日記』日本信用調査株式会社出版部

《Amazon リンク》

 

合同会社 Office SRC 代表 田代邦幸

このエントリーをはてなブックマークに追加

BCP LReaders 2020 年 6 月号

このエントリーをはてなブックマークに追加

新建新聞社から『月刊 BCP リーダーズ』2020 年 6 月号が発行されました。

新建新聞社 月刊 BCP リーダーズ 2020 年 6 月号

〜 コロナ危機が変化を加速する/ニューノーマルに備えろ 〜

  • [巻頭インタビュー]「ニューノーマル」に向かう企業のリスク管理
    慶應義塾大学大学院経営管理研究科教授 大林厚臣氏
  • [事例]ニューノーマルに備えろ
    • 新型コロナ対応の実体験から感染症 BCP を策定
      現場の工夫から多くの気付き 記録してポイントを文書化
      (社会福祉法人海光会)
    • 時間とタスクの見える化が新型コロナのリスク対策
      誰もが休める環境づくり カギは生産性管理
      (大堀商会)
  • [分析]新型コロナ対応の経験を事業継続に生かす
    • 新型コロナウイルス感染症への対応状況に関する緊急調査
      リスク対策.com/首都圏を中心としたレジリエンス総合プロジェクト
  • [インタビュー]感染症と自然災害
    長野・岐阜県境の群発地震の今後を聞く
    信州大学全学教育機構教授 大塚勉氏

 

購入は新建新聞社 Web からどうぞ。 –> https://www.risktaisaku.com/category/BCP-LReaders-vol3

 

合同会社 Office SRC 代表 田代邦幸

このエントリーをはてなブックマークに追加

BCP LReaders 2020 年 5 月号

このエントリーをはてなブックマークに追加

新建新聞社から『月刊 BCP リーダーズ』2020 年 5 月号が発行されました。

新建新聞社 月刊 BCP リーダーズ 2020 年 5 月号

〜 企業はコロナ禍の先へ踏み出せ/危機対応から見えてくる課題と展望 〜

  • [緊急座談会]Through the COVID-19 Crisis
    コロナ危機への対応を通じて、今、見直すべきことは何か
    大規模・特殊災害、医療、経済、BCPの専門家が議論
  • [事例]How will COVID-19 change BCP
    コロナがBCPを変える

    • 効いたパンデミックBCP 社員と危機感共有
      感染防止と事業活動の両立を生産性向上に生かす
      (大成ファインケミカル)
    • 激変する働き方 オフィスから消える社員
      リモートワーク急拡大も当面の混乱なし
      (SCSK)
    • 【FOCUS】BCPは新型コロナ対応に効いたか
      ガイドライン見直し 社員への伝え方を意識
  • [分析]コロナ後の世界をどう生きるか
    • 緊急事態宣言への対応とこれまでの課題
      第4回新型コロナウイルスアンケート
      リスク対策.com
  • [インタビュー]人類が初めて経験する「現代的パンデミック」
    変貌する社会 歴史が示す「選択可能な未来」
    長崎大学熱帯医学研究所 山本太郎教授

 

購入は新建新聞社 Web からどうぞ。 –> https://www.risktaisaku.com/category/BCP-LReaders-vol2

 

合同会社 Office SRC 代表 田代邦幸

このエントリーをはてなブックマークに追加

BCP LReaders 2020 年 4 月号

このエントリーをはてなブックマークに追加

新建新聞社から『月刊 BCP リーダーズ』2020 年 4 月号が発行されました。

新建新聞社 月刊 BCP リーダーズ 2020 年 4 月号

〜 企業は感染症に勝てるか?/新型コロナパンデミックが問うBCP 〜

  • [巻頭言]Pandemic BCP
    企業はどれだけ備えていたか、どこまで対応できるか
    5つの改善を急げ
    リスク対策.com編集長 中澤幸介
  • [事例]How companies are responding?
    企業はどう動いたのか

    • 海外出張者300人の命を守る安全管理者の仕事
      渡航可否を行政より早くジャッジ
      (三井 E&S ホールディングス)
    • 物流の安定を縁の下で支える中小企業の多段階対応策
      水平垂直の連携で供給網全体を強くする
      (生出)
  • [分析]企業の対応といまやるべきこと
    • 3回のアンケート調査から浮かび上がった課題
      企業の対応を徹底分析
      リスク対策.com
    • 自社の特性を知り次の危機に備える
      事業を継続するための5つの視点
      PwC 総合研究所

 

購入は新建新聞社 Web サイトからどうぞ。 –> https://www.risktaisaku.com/category/BCP-LReaders-vol1

 

合同会社 Office SRC 代表 田代邦幸

このエントリーをはてなブックマークに追加